北海道小樽水産高等学校
〒047-0001 小樽市若竹町9番1号 TEL 0134-23-0670 FAX 0134-23-4553 学校代表e-mail otarusuisan-z0@hokkaido-c.ed.jp
 

お知らせ

【NEW】
令和2年5月1日、国土交通省より登録電子海図情報表示装置(ECDIS)講習の実施機関として登録を受けました。(専攻科漁業科のみ)今年度修了する生徒より限定が解除されます。
 

専攻科 漁業科

来の船長・航海士を育てる教育機関 (船舶職員養成施設)で、航海士に求められる「海技専門知識」や「技術」を習得します。  小樽水産高校専攻科漁業科は、 50年以上 の歴史を誇り、道内唯一の ”三級海技士(航海)” 養成施設として、官庁船、漁船、商船、 フェリーなどへ、多数の修了生を輩出しています。  船員不足が深刻化する現在、人材供給源として海運業界の期待がますます高まっています。

渡島教育局実習船管理室所属「北鳳丸」
 

専攻科漁業科に進学するために

所 定の海技単位と乗船履歴が必要になります。 海技単位と乗船履歴は、小樽水産高校漁業科で得ることができます。
 

取得できる資格

  • 三級海技士(航海)
  •  海技士国家試験は、筆記試験と口述試験があり、本校専攻科修了時に、筆記試験が免除され、直ちに口述試験の受験ができます。 
     大学、高等専門学校、高等学校で養成できる海技資格としては、最上級の資格です。

  • 第一級海上特殊無線技士
  •  国際航海に従事する船舶航海士には、必須の資格です。

  • 船舶衛生管理者
  •  船内の衛生担当者として、将来的に必要になる資格です。

     

    実習について

    1年生では、1年間、実習船(若竹丸、北鳳丸)に乗船して、乗船履歴を積み重ねるとともに、航海方法や、調査実習を基に船員としての資質を育てます。

    主な実習
    ・ 航海実習                    ・ 北上期浮魚調査実習     ・ ドック実習
    ・ サンマ調査実習            ・停泊実習                 ・ 秋季浮魚調査実習
    ・ マグロ延縄漁業実習   ・ 産卵調査実習            ・レーダARPAシミュレータ実習
     北鳳丸にて調査実習の様子

    実習の様子
    ・専攻科漁業科 乗船式<こちら>PDF形式 2017.4.13